CAREER

今すぐエントリー
新卒募集要項

就職情報サイト

キャリア | 2019.12.18

“HOW FUN!”とは、仕事をいかに楽しむかということ

新規顧客獲得数で常に上位の成績をキープし、最年少で拠点責任者となるなど、現場の営業をリードしてきた。新入社員の頃、仕事への意識が低い自分を変えようと思い、自発的に備忘録のリストや予定表を作成したり、案件をまとめるシートをExcelで作ったりすることで自己成長を果たしていった。「利益にならなくても、お客様のためにできることは何でもやる」。これまでの経験で培われてきた熱い想いを胸に、Kamogawaの発展をこれからも支えていく。

【現在の役職】
執行役員 愛知営業所 所長
【経歴】
2002年 総合職として入社
2002年 滋賀営業所 配属
2008年 滋賀東営業所 所長就任(※新規事業所立上)
2016年 愛知営業所 所長就任(※新規事業立上)
2019年 執行役員就任

仲間がいたから乗り越えられた、営業所の立ち上げ

2002年に入社したのち、滋賀営業所にて勤務。その後、滋賀東営業所立ち上げと同時に所長に就任し、2019年9月末までそこに勤めました。10月以降は同年立ち上げた愛知サテライト工場の所長に就任。愛知県には半導体や自動車関連の企業も多いため、工場は拡大していく上での要になっています。 これまでに滋賀東と愛知の2つの営業所と、1つのサテライト工場立ち上げに関わってきた私ですが、どれもひとりの力では到底乗り越えることはできませんでした。特に28歳の頃に経験した滋賀東営業所の立ち上げは、営業活動に立ち上げにと奔走する毎日。とても忙しい日々でしたが、上司や一緒にタッグを組んでいる営業アシスタントなど、たくさんの仲間に助けていただきました。「本気で頑張っていたら必ず助けてくれる人が現れる」と言いますが、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちの営業は、医者のようなもの

私たちの営業は「医者のようなもの」と、周囲によく話しています。医者は、患者が「お腹が痛い」と言っても、すぐに薬を処方するようなことはしません。どうお腹が痛いのか、心当たりはあるのかなど、様々なことを聞いてから適切な処置します。私たちの営業も同じで、相手の要望にただ応えるのではなく、全体を見て様々なことをヒアリングしながら、本当の意味での解決案を模索。目的を達成するためにはどうするのがもっとも望ましいのか、生産工程を含めて全体を見渡し提案するからこそ、本質的な価値を提供できるのです。 仕事は学びながら少しずつできるようになっていくもの。だんだんと上司に認められ、お客様の評価が変わっていき、仕事が楽しいものへと変化していきます。そのようなポジティブなスパイラルが、私のモチベーションとなっているのです。

時代が変化しても、変わらないものがある

現代はAIやIoT、5Gの実現といったテクノロジーの進歩が著しい時代ですが、それに合わせて私たちの仕事もどんどん変化していくと思います。営業活動はインターネットを介して行い、商品はドローンで自動配送。納品後、アンケートに記入いただいたお客様にはKAMOGポイントを発行し、商品を割引で購入できる仕組みをつくる。そんな時代が、もうすぐ訪れるかもしれません。 しかし、どんなに時代が変わっても大切なことは、仕事を「楽しむ」こと。当社の掲げている”HOW FUN!”とは「いかに楽しむか」という意味ですが、重要なのはまさに「楽しむ」だと考えています。仕事はつらいものというイメージがありますが、それを乗り越えれば、どんどん楽しくなっていく。これから入社する仲間も、一生懸命に仕事に取り組んでいただいて、心から仕事を楽しんでほしいと思います。

CAREER CASE

Kamogawaスタッフのキャリアケ-ス事例

CONTACT

「そんなとこ・こと」まで考える。
Kamogawaへのお問い合わせ

採用情報・商品・相談・手配に関するお問い合わせは、メールフォームをご利用ください。

メールでお問い合わせ