2018年入社
ものづくり研究所
ギヤマン事業部所属

Kamogawaを支える「チームクリエイティブ」

大学では生物を専攻していた私がKamogawaを選んだのは、様々な分野の「ものづくり」ができることが理由です。幅広く活躍できる機械工具の製造から開発まで携われるところにやりがいを感じました。現在は生産管理と販売管理の仕事を行い、商品や商流を日々勉強しています。
工具の製造においては、図面作成→製作→検査までの過程でそれぞれ担当が分かれています。ものづくりの環境も日々進化していますが、「ひとつのものを皆で作る」ので、そもそもの発想や目的、完成イメージを、いかに理解し想像し共有して進めることが重要。それはデジタルになりません。まさにチームワークだと思っています。だからこそ、「新たなもの」が生まれた時の喜びも、一人で味わうそれではなく、倍増します。
今は勉強の毎日ですが、いつか新たな『Kamogawaブランド』を創り出して、世界のお客様に使って頂きたいと考えています。